2021年審査委員紹介
フィルム部門
Juries-Film

フィルム部門 審査委員長

細川 美和子Miwako Hosokawa
  • DENTSU
    CREATIVE DIRECTOR/COPY WRITER
受賞歴/審査委員歴/主な作品・お仕事

【受賞歴】
カンヌゴールド、アドフェスグランプリ、ONE SHOW、ACCグランプリ、TCC、朝日広告賞グランプリ、日経広告大賞、フジサンケイグループ広告大賞、ギャラクシー賞など

【審査委員歴】
カンヌフィルム審査員、アドフェスフィルム審査員、スパイクスフィルム審査員、ACC審査員、TCC審査員など

【主な作品】
最近は、パンテーン「#この髪どうしてダメですか」、アテント 「常識をはきかえよう」、ニッセイ「小さな力は、大きな力だ。」、東京ガス「家族の絆」シリーズ、サントリーグリーンダ・カ・ラ「やさしいのがいちばん」、日向市「ヒュー!日向」、NHK「バビブベボディ」など。

プロフィール
2001年(株)電通入社。
言葉を中心に、企業や商品の志を長く深く広告することを目指しています。
審査委員長メッセージ
当たり前を、疑える時代へ。この1年はCOVID-19、東京オリンピック・パラリンピックの延期、SNSで可視化されたさまざまな分断、そして日本のジェンダー意識の低さがニュースになって世界をかけ巡るなど、今までの常識が急速にひっくり返る出来事を目撃し続ける日々だった。まだ先は見えず、重い負担を強いられている人々が数多くいる。それでも、今までの普通や決めつけられた役割を疑い、新しいチャレンジを始めるかつてないチャンスだとも、思う。思いたい。私たちは今、形骸化したルールから自由になれる大きな流れと向き合っていると思う。その時に広告が果たせる役割がきっとある。それは本来、広告が持っていた力だ。たった数十秒で、今までになかった概念を広く届ける力。予定された約束ではなく、予期せぬ出会いを提供する力。そして、ふれる前とふれた後で、物の見方を変えることができる力。効果効率の追求や炎上への忖度でシュリンクしていったその力が、今まで以上に役に立てる時代がきているのかもしれない。いや、そもそも広告自体も、本来の役割からもっと自由になってもいいのかもしれない。私たちに新しい視点を与えてくれる広告の応募を、楽しみにお待ちしています。

フィルム部門 審査委員

麻生 哲朗 Tetsuro Aso
  • TUGBOAT
    CMプランナー、クリエーティブディレクター
受賞歴/審査委員歴/主な作品・お仕事

【受賞歴】
ACCグランプリ・金賞、ADC賞、TCCグランプリ・TCC賞、フジサンケイグループ大賞、ギャラクシー賞、アジア・パシフィック広告祭金賞など。

【最近の主な仕事】
住友生命 企業・バイタリティ、マクドナルド(マック、みっっけ)、三井住友カード 企業広告、ドコモ style’20 オリンピックキャンペーン、大塚製薬 イオンウォーター/ULOS、JRA、ダイハツ キャンバス、Sansan、さとふるなど。"

プロフィール
1972年4月8日福岡生まれ
神奈川県立横浜翠嵐高校卒
早稲田大学理工学部建築学科卒
96年電通入社クリエーティブ局配属
1999年TUGBOAT設立に参画
TCC,ADC会員
太田 麻衣子 Maiko Ota
  • 博報堂クリエイティブ・ヴォックス
    クリエイティブディレクター
プロフィール
1987年 博報堂入社。
2014年 博報堂クリエイティブ・ヴォックス代表取締役。
2018年 「銀座つぼやきいも」開店
主な仕事に、ポカリスエット「ポカリのまなきゃ」、大塚製薬エクエル「ヒロインはつづく」、進研ゼミ「きょうの時間割」「いけるよ」、ブレスラボ「女優の息」、桃谷順天館「100年、美しい人」、キリン「8月のキリン」、マンナンライフ「きいてアロエリーナ」、TBSドラマ「階段のうた」脚本など。
太田 恵美 Megumi Ota
  • 太田恵美事務所
    コピーライター
プロフィール
1951年 京都生まれ。1974年 広告制作プロダクションにてコピーライターを始める。
1978年より電通と嘱託契約、専門職契約を経て、現在は太田恵美事務所主宰。

JR東海「そうだ 京都、行こう。」、Honda「ONE OK ROCK Go,Vantage Point.」、Honda 「HUMAN! FIT」、サントリー天然水[信じられる水の山から」、サントリー企業「素晴らしい過去になろう」などはコピーライター&CMプランナーとして関わる。
その他、リオ五輪閉会式TOKYO引継ぎセレモニーのチーフコピーライター。「TOKYO2020のモットー」のコピーライター。広告のほか、映画「かもめ食堂」「めがね」.etcにコミュニケーションディレクター、コピーライター、作詞家として参加。国内外広告賞受賞多数。
小田桐 昭 Akira Odagiri
  • 小田桐昭事務所
    クリエイティブディレクター・イラストレーター
プロフィール
1938年北海道生まれ。1961年、金沢市立美術工芸大学グラフィックデザインコース卒業。同年、広告代理店電通に入社。すぐにテレビCMのプランニングに従事。日本のテレビCMの黎明期に立会い、以後ほぼ60年間、日本のCMの発展と共に過した。1998年小田桐昭事務所主宰。2003年、オグルヴィ&メイザー・ジャパンに招かれ2013年迄名誉会長。ACCグランプリなど国内・海外で300以上の賞を受けている。海外では、カンヌ国際広告フェスティバルで金賞、銀賞など数度にわたって受賞。1993年の東京アートディレクタークラブ「AIDS」は本人のアニメーションで公共広告部門金賞を受賞。他に,IBA部門賞、CLIO賞など多数。代表作には松下電器「クイントリックス・英会話」「トランザム・高見山」、国鉄「ディスカバージャパン」「フルムーン」、東京海上「ビリヤード」、資生堂「ギア」、三菱鉛筆「3600本の替芯」etc。著書に「CM」小田桐昭、岡康道共著(宣伝会議)。広告のディレクションのかたわら、絵本、雑誌、装丁のイラストレーションも手がける。1989年ACC杉山賞受賞、2009年日本宣伝大賞山名賞受賞。東京アートディレクターズクラブ,N・Yアートディレクターズクラブ、東京イラストレーターズソサイエティ会員。ACC殿堂。ADC殿堂。金沢市立美術工芸大学名誉客員教授。
篠原 誠 Makoto Shinohara
  • 篠原誠事務所
    クリエーティブ・ディレクター
受賞歴/審査委員歴/主な作品・お仕事
ACCグランプリ、TCCグランプリ、クリエイター・オブ・ザ・イヤーなど受賞
プロフィール
三重県生まれ。95年一橋大学卒業、電通入社。2018篠原誠事務所、設立。マーケティングというか、商いが好きです。面白いことを考えるのも好きです。将棋と競馬が趣味です。「嘘なんてひとつもないの」というNHK BSドラマの原案と一部脚本、WOWOWのドラマ「有村架純の撮休」の第4話の脚本を担当しました。
東畑 幸多 Kota Tohata
  • 電通
    エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター、CMプランナー
受賞歴/審査委員歴/主な作品・お仕事

【受賞歴】
クリエイター・オブ・ザ・イヤー、TCCグランプリ、ACCグランプリ、アドフェストグランプリ、カンヌライオンズ金賞など

【主な仕事】
Honda「ONE OK ROCK Go,Vantage Point.」、サントリー天然水「宇多田ヒカル 水の山行ってきた」、GINZA SIX「目抜き通りへ 椎名林檎×トータス松本」、ASICS「ぜんぶ、カラダなんだ」、日清チキンラーメン「アクマのキムラー」、九州新幹線全線開業「祝!九州」など

プロフィール
99年、電通に入社。CMプランナーを経て、現在、クリエーティブ・ディレクターとして、コミュニケーションの全体設計をデザイン。
原野 守弘 Morihiro Harano
  • もり
    クリエイティブディレクター
プロフィール
電通、ドリル、PARTYを経て、2012年11月、株式会社もりを設立、代表に就任。「NTTドコモ: 森の木琴」「OK Go: I Won’t Let You Down」「Honda. Great Journey.」「POLA リクルートフォーラム」「日本は、義理チョコをやめよう。GODIVA」などを手がける。TED: Ads Worth Spreading、MTV Video Music Awards、D&AD Yellow Pencil、カンヌ国際広告祭 金賞、One Show 金賞、Spikes Asia グランプリ、AdFest グランプリ、ACC グランプリ、グッドデザイン賞 金賞、Penクリエイターアワード2017など、内外で受賞多数。2021年1月、『ビジネスパーソンのためのクリエイティブ入門』(クロスメディア・パブリッシング)を上梓。
福里 真一 Shinichi Fukusato
  • ワンスカイ
    クリエイティブディレクター、CMプランナー、コピーライター
プロフィール
1968年鎌倉生まれ。92年電通入社。01年よりワンスカイ所属。
いままでに2000本以上のテレビCMを企画・制作している。
主な仕事に、ジョージア「明日があるさ」、富士フイルム「お正月を写そう」、サントリーBOSS「宇宙人ジョーンズ」、トヨタ自動車「こども店長」「ReBORN」「TOYOTOWN」、ENEOS「エネゴリくん」、東洋水産「マルちゃん正麺」、ゆうパック「バカまじめな男」、アフラック「ブラックスワン」、LINEモバイル「LINEモバイルダンス」、マクドナルド「ごはんバーガー」、メルカリ「メゾンメルカリ」など。
その地味な見た目からは想像がつかない親しみのわく広告をつくり続けている。
福部 明浩 Akihiro Fukube
  • catch
    クリエイティブディレクター、コピーライター
受賞歴/審査委員歴/主な作品・お仕事

【主な仕事】
カロリーメイト、日清のどん兵衛、淡麗グリーンラベル、麒麟特製レモンサワー、ホームタップ、クラシエHIMAWARI、Latte、漢方セラピー、日本マクドナルド、QUOカードpay、ユニクロなど。

【著作】
絵本を日本、中国、韓国で出版。「いちにちおもちゃ」「たべてあげる」など数冊を執筆。最新作は「いちにちじごく(PHP出版)」

And More
PAGE TOP